2018年09月27日更新

要町 祥雲寺

これまで体感したことのないような
異常な暑さに見舞われた2018年の日本の夏。


そんな猛暑日の真っ只中となった7月11日、12日の両日、
所用で要町へ行った。


これまで全く縁のない土地。


11日は、特に何もなし。


翌12日は、昼過ぎからの日程だったので、
事前に要町の飯処を調べておいた。


食べログなどネットで高評価の麺処 篠はら。


IMG_0102_RRr.JPG


洒落た感じのラーメン。


この手のラーメンは、高いばかりでそれ程美味くないことが多いが、
篠はら、とても美味しかった。


全てが丁寧。


自宅や職場の近くだったら、
100%リピーター。


食通の佐藤アサトにLINEで、
要町の篠はらを教えてあげた。


食べ終えた頃、店員さんが仕込みで生卵の尻に、
串を刺して穴を開けていた。


つい先日同じことをした。


ゆで卵の殻むきが苦手で、ネットで調べたら、
卵の殻に少し穴を開けてからゆでる方法が紹介されていた。


試してみたら殻が驚くほどすんなりと剥けた。


ゆで卵の殻むき方法は、いろいろあるけど、
これが一番楽。


篠はらでラーメンを頂いたの後、所用。


その所用時、休憩時間がありLINEを見ると、
佐藤アサトから投稿が。


「要町、懐かしい。最初の一人暮らしが近所だった」


要町に住んでいたとは知らなかった。


周りに何もないと伝えると、
「石ノ森章太郎のお墓があるよ」と教えてくれた。


調べたらすぐ近くのお寺にあるようなので、
休憩時間を利用して参拝。


祥雲寺。


IMG_0103_RRr.JPG


あまり時間が無いので、石ノ森章太郎先生の墓を探す。


少し彷徨ったが、発見。


IMG_0105_RRr.JPG


流石は超有名漫画家のお墓、綺麗で献花されています。


数多の代表作の中でも「サイボーグ009」が、一番主張している。


「サイボーグ009」は、ガキの頃夕方にテレビで放送されていて、
よく見ていた。


003ことフランソワーズ・アルヌールに少し恋心を抱いた記憶がある。


墓石の左側には、先生の作品が放射状に描かれている。


IMG_0107_RRr.JPG


世代的あまりリアルタイムで接しておらず、
「009」「仮面ライダー」「人造人間キカイダー」ぐらいしからわからない。


下部に「森羅萬象」とある。


石ノ森章太郎は自らの職業を「萬画家」と称した。


一、萬画とは、森羅万象−あらゆる事物を表現できる万画なのです。


一、萬画とは、老若男女、万人の嗜好に合う(愛される、親しみやすい)メディアです。


一、萬画とは、一から萬(無限大の意あり)の物による表現形式。
  従って萬画は、無限大の可能性を含むメディアであると言えるでしょう。

一、萬画を英語風に言えば Million Art。
  Millionは100万ですが日本語の萬と同じ、“たくさん”の意味があります。
  頭文字を継れば“M.A”です。


一、“M.A”は即ち“MA”NGAの意。



これは、1989年に石ノ森章太郎が発表した「萬画宣言」。


この「萬画宣言」を
天地間に存在する、数限りないすべてのもの(万物)や事象を意味する、
森羅万象に掛けたのでしょう。


そして、世界一多作な漫画家としてギネス記録を保持している。


水鉢にライダーが。


IMG_0109_RRr.JPG


石ノ森章太郎の本名は、小野寺章太郎。


ペンネームの石ノ森は、
出身地である宮城県登米郡石森町(現・宮城県登米市)に由来する。


あまり時間が無いので、サクッと参拝終了。


祥雲寺の墓場を囲む塀の上にソーラーパネル。


IMG_0110_RRr.JPG


エコですな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.t-shirt-ya.com/blog/cgi/mt-tb.cgi/2769

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




リンク

プロフィール

1974年、東京都生まれ。少年時代、ジャッキー・チェンの映画に魅了され、映画小僧の道を突き進む。大学卒業後、映画宣伝代理店に入社。『リーサル・ウェポン4』、『アイズ ワイド シャット』、『マトリックス』などを担当。

2000年、スカパー!の映画情報専門チャンネル「カミングスーンTV」転職し、映画情報番組の制作を手掛けたのち、2006年、映画情報サイトの運用に従事。その後、いろいろあって、2013年7月よりCS放送「エンタメ〜テレHD」の編成に携わっている。

本ブログは、多ジャンルの情報提供を志すT-SHIRT-YA.COMのオファーを受けて、2003年4月にスタート。2007年12月にブログ化。
Powered by
Movable Type