2019年04月16日更新

#722『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜』

#722『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜』


%A5%E1%A5%A4%A5%F3%A5%AB%A5%C3%A5%C8.jpg


『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜』
2019年4月19日(金)より全国にて
配給:東宝
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK2019


____________________________________________________________


(今更の)新婚旅行のため、
オーストラリアの秘境“グレートババァブリーフ島”を訪れた野原一家。


ひろしとみさえは、特別の一時にしようとするが、
既に結婚して数年、新婚の域を過ぎているからか
微妙なすれ違いが重なり夫婦喧嘩をしてしまう。


ひろしはひとり自棄酒、みさえはホテルの部屋でご立腹。


やがて、互いに些細な諍いが間違っていたと気が付くが、
ひろしが島に住む仮面族に拉致されてしまい…。


「クレヨンしんちゃん」の劇場版第26作目。
監督は橋本昌和。


2013年『バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』橋本昌和監督
2014年『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』高橋渉監督
2015年『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』橋本昌和監督
2016年『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』高橋渉監督
2017年『映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』橋本昌和監督
2018年『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 〜拉麺大乱〜』高橋渉監督


2013年から続く、橋本昌和監督と高橋渉監督の交代制が継続。


両監督とも安心・安定のクォリティを維持してきていたが、
本作も同様に中だるみ無し、
老若男女を問わず楽しめる作品となっている。


子供が喜ぶアドベンチャー要素満載だし、
これまでの劇場版「クレしん」がそうであったように、
タイトルそのまんまの『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』を筆頭に、
『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』『トゥームレイダー』、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、
『キングコング』などなど、映画ファンが喜ぶ様々なオマージュが込められているのも嬉しい。


%A5%B5%A5%D6%AD%A1%20%281%29.jpg


いつも通り劇場版ならではの荒唐無稽なファンタジーアクションコメディなんだけど、
ひろしとみさえが陥る倦怠ムードの描写とかはリアルで説得力がある。


この辺の非日常と日常の塩梅が、
子供だけでなく大人をも虜にする「クレしん」の強味だと思う。


さて、昨年から今年にかけて「クレしん」は大きな転機を迎えました。


それは、野原しんのすけの声優が、矢島晶子から小林由美子に代わったこと。


小林由美子が初めてしんのすけの声を担当した回を録画し忘れ、
ネットに上がっていた動画を少し見た程度で、
まともに小林由美子版「クレヨンしんちゃん」を見ていなかった。


ネット上の動画を見る限り、あまり違和感を覚えなかったので、
さほど心配はしていなかったんだけど、
小林由美子は、矢島晶子が作り上げたしんのすけ像を見事に継承していた。


ひろしも藤原啓治から森川智之にスイッチし全く問題なかった。
「クレしん」の声優交代は、ほかのアニメの声優交代よりも、
スムーズにいっているように思う。
(大山のぶ代で育ったので、未だに「ドラえもん」は馴染めない)


「クレしん」のアニメがスタートしたのが1992年。
劇場版は1993年から。


既に28年の歴史を誇る長寿アニメですから、
声優さん交代を筆頭に様々な変化があって然るべきかなと。


%A5%B5%A5%D6%AD%A2.jpg


そして、本作を見てすぐに、
これまでにあったある要素が無くなっていることに気が付いた。


それはみさえのしんのすけやひろしに対する“お仕置き”。


みさえはしんのすけがおバカなことをすると、
グーパンチでの後頭部殴打、こめかみグリグリ、
お尻ぺんぺんといったお仕置きをよくしていた。


ほかの女性に鼻の下を伸ばすひろしに対しても、
ゲンコツを見舞ったり、顔を引っ掻いたりしていた。


今回、みさえによるこれらの描写は皆無。


なぜか?


目黒(2018年3月)、千葉県野田市(2019年1月)で起きた女児虐待死や、
大やけどを負った3歳の女児をラップに巻いた状態で置き去りにする(2019年3月)など、
この1年間で衝撃的な児童虐待事件がいくつかあった。


全国の警察が2018年に児童相談所に通告した18歳未満の子供は80,104人で、
前年より22.4%増の過去最多。


また、DVというと女性が男性から受けるイメージがあるが、
女性が男性に対して行うケースも増加している。


警視庁の統計によると男性からの相談件数は、
2013年の79件から年々激増し、
なんと2017年には1,416件にも及ぶ。


女性の被害者も増加傾向にあるが、
DV被害は女性に限ったことではないことがわかる。


みさえによるしんのすけやひろしへのゲンコツとかグリグリとか、
個人的には虐待だとは思いませんが、
今のご時世、何言われるかわかりませんから、
制作陣が自粛をしたのでは?


「映画は時代を表す鏡」とはよく言われるが、
「クレれしん」もご多分に漏れず?
(むしろファミリー向けなので敏感なのかも)


そんな“お仕置き”を封印したみさえですが、
本作での奮闘ぶりは凄いです。


妻として母として、そして女として、
喜怒哀楽をまき散らしながら、
夫への愛と子供たちへの母性を貫いて大活躍します。


近くで見ていたおそらく未婚であろう女性が、
鑑賞後「ちょー泣けた」という感想を述べておりました。


多分、みさえと同化し、共感しまくったのでしょう。


小生は男だし、すでにオッサンなので、
泣くほどはみさえに共感できません。


しかなしながら、男として言えることは、


ひろしは幸せだね。


みさえという素敵な生涯の伴侶を得ることが出来て。


ちゅうことですね。

前の記事: 要町 祥雲寺
次の記事:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.t-shirt-ya.com/blog/cgi/mt-tb.cgi/2770

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




リンク

プロフィール

1974年、東京都生まれ。少年時代、ジャッキー・チェンの映画に魅了され、映画小僧の道を突き進む。大学卒業後、映画宣伝代理店に入社。『リーサル・ウェポン4』、『アイズ ワイド シャット』、『マトリックス』などを担当。

2000年、スカパー!の映画情報専門チャンネル「カミングスーンTV」転職し、映画情報番組の制作を手掛けたのち、2006年、映画情報サイトの運用に従事。その後、いろいろあって、2013年7月よりCS放送「エンタメ〜テレHD」の編成に携わっている。

本ブログは、多ジャンルの情報提供を志すT-SHIRT-YA.COMのオファーを受けて、2003年4月にスタート。2007年12月にブログ化。
Powered by
Movable Type